大江川・五三川バス釣りスポーニングはいつ?ネストの穴場ポイントは!?

釣り&アウトドア
スポンサードリンク

3月に入ると、バス釣りもスポーニングを意識!
デカバス釣りてぇ!!
ってなりますよね(*^^*)

 

東海地区のメジャーフィールド、大江川五三川に、よく
バス釣りに行く、管理人です。

 

スポンサードリンク

 

大江川・五三川のバス釣りスポーニングはいつ?

ブラックバスのスポーニングは、実は、時期や何月?
ということを意識するよりも、『水温』が関係しています。

 

 

ブラックバスは、水温が15度を超えると、産卵を始めると言われていますね!!
これは、ジャッカルの社長である、小野さんが、動画で解説しているので、
間違いないでしょうね!!


 
2:00の所から、産卵の始まる水温について!!

 

 

という事は、水温が、15度になる手前、10度以上になり始める頃、
スポーニング前の荒食い状態のバスが、回遊している可能性があるということになりそうですね!!

 

 

3月に入って、かなり気温が高い日が続いてくると、
メスのバスが、スポーニングの体力をつけるために、ベイトを追い始める。
ということになりそうです。

 

暖かい日が続いた、2日目や3日目当たりが狙い目になるでしょう♪

 

 

また、大江川や五三川も北から南まで、長い距離があるので、
南からスポーニングが始まる傾向にあると思いますよ!!

 

 

大江川・五三川のバス釣りスポーニングの傾向は?

ブラックバスのスポーニングの傾向は、大江川や五三川など
フィールドに限らずあるので、覚えておくと、スポーニングのポイントも
発見しやすくなりますよね!!

 

 

  • 水深1〜1.5M
  • 硬めの底質
  • 荒い砂地や、小石の入り混じった所

 

大江川や五三川は、護岸などは、好条件!!
水深的には、1〜1.5Mのポイントは沢山あります。

スポンサードリンク

 

 

大江川や五三川のスポーニングのポイントは?

とは言っても、初めて行くという方や、スポーニングの場所なんて考えたこと無い…
という方は、ポイントが解らないですよね。

 

 

大江川最下流には、ゴロタ石が沈んでいるポイントがあり。
辛亥橋下流にもゴロタ石があります。

 

大江川や五三川のスポーニング絡みのポイントに関しては、
ジークラックの動画が、何気に沢山のヒントをくれますね!!

 

 

 

 

大江川や五三川のスポーニングのオススメルアーは?

スポーニング前の、荒食い状態のバスは、
小魚やエビなんかを追い回している傾向にあるので、
バイブレーションやクランク、ミノー系の巻物で、広範囲を
手早くチェックしていくといいですね!!

 

特に、ネストを見つけたら、その周辺の5M〜10M付近に、
メスのバスが居る
と言われていますよね!!

 

 

ネストにいるバスは、オスなので、サイズ的にそんなに大きくはない。
しかし、その見えているバスの周辺には、デカバスのメスがいる可能性がでかいのです!!

 

 

 

 

【バス釣り釣行記】ブログ

大江川でバス釣り!2019年【10月】釣果は○匹!裏切らないワーム
大江川でバス釣り(冬)ブログ‼釣果:37cm♪場所・ポイントはココ!
大江川でバス釣り!台風前日?釣れるのか?2019年9月


スポンサードリンク

はてなブックマークもお願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトルとURLをコピーしました