スポンサーリンク

nhk会長(現在)の稲葉って誰?経歴や年収はかなりやばい実態…

トレンド・その他人物

スポンサーリンク




NHKって、特に見ることはないけど、受信料のことや、国営放送と言う部分で何かと話題になりますよね。

 

この状況の中で、素朴な疑問が沸きました。

  • NHKのトップ(会長)ってどんな人なんだろう?
  • そもそもどんなことをやっていた人なんだ??
  • 年齢や給与体制ってどうなんだろう?

 

調べてみると、うーん…本当にNHKに受信料とか払うのってアホくさいなぁって、思ってしまいますね…

 

全くNHKなんて見ないのに…
テレビを設置しているから、受信料を払う義務って何なんだろう??

 

と、不満を抱きつつ、現在の会長について、まとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

現在のnhk会長の稲葉延雄氏の経歴は?

 

  • 名前:稲葉延雄
  • 生年月日:1950年11月11日
  • 年齢:72歳(2023年現在)
  • 出身地:静岡県
  • 学歴:東京大学経済学部
  •  

  • 1974年(昭和49年)に日本銀行に入行。
  • 日本銀行営業局証券課長、企画室審議役(政策企画担当)、システム情報局長、考査局長などを歴任。
  • 2004年(平成16年)に日本銀行理事に就任し、2005年(平成17年)から1年間大阪支店長を務める。
  • 2008年(平成20年)に日本銀行理事を退任し、リコーへ移籍して同社特別顧問就任。リコー経済社会研究所長、専務取締役、取締役会議長等を歴任。

引用元:Wikipedia

 

 

現在のnhk会長の稲葉延雄氏はいつから就任!?

 

2023年(令和5年)1月25日にNHK(日本放送協会)第24代会長に就任。

 

現在のnhk会長の稲葉延雄氏はいつから会長になったんだろう?ということで調べてみると、2022年12月6日に会長内定の報道がありましたね。

 

その後、1月25日に正式就任しています。

 

現在のnhk会長の稲葉延雄氏の年収・年俸・給与は?

 

NHK会長職の年収・年俸・給与=億以上!?

 

そもそも、会長職の年俸ってどうやって決まるのか?
と言う部分を調べてみると、従業員数や会社の規模で決まってくるわけです。

 

 

役員報酬なので、年収と言うよりは年俸と言う表現があっているのかと思います。

 

会長職の年収や年俸について『SOICO』の情報をもとに調べてみると、


画像引用:SOICO

 

従業員数が、3,000人規模で、年収が1億160万と言う数字が出ていますね。

 

 

では、NHKの従業員数は何人いるんだろう?ってことで、調査してみると、1万343人(2022年)

 

単純計算ではありますが、3000人規模の会長職で、年収が1億円超えということは、従業員数が3倍以上いる、NHKの会長職の年収も3倍以上!?
の可能性があるわけです。

 

つまり、3億円超えということになりますね。
※あくまで単純計算ですが…

 

 

因みに、最近よく話題になる、NHK党党首の立花孝志氏は、御存知の通り、元NHK社員であった方です。

 

35歳の時(高卒)の年収は、1150万円あったと、You Tubeなどで話していましたね。

残業などを含めると、ということですがかなり高給取りなことが解ります。

 

 

NHKってどれだけ稼いでるねん!!

こちらも超単純計算になりますが…、

  • NHK受信料は2ヶ月で2,450円(地上波のみ)
  • 日本の世帯数=4800万世帯

 

となりますよね。

 

つまり、年間で受信料は15,000円。
15,000円が3,000万世帯がきちんと受信料を払っていたとしても、4,500億円が集まると言う計算になります。

 

 

ま、実際払っている人がどれだけいるのか?
と言うところも闇が深い…。

 

 

松田哲也会長の顔画像や経歴は?学歴も年収も凄い【広島マツダCEO】

コメント

タイトルとURLをコピーしました