ボディメイクやり方食事の基礎編!

スポンサードリンク



2017年6月より僕自身が、ボディメイクに挑戦し、そして、トレーナーとしても活動を広げてきました。
その知識は、僕が想像を超えるくらい、意味のあるもので、人生100年時代と言われる中、健康寿命を長くするのにも非常に大切なことが、沢山あります。

 

ボディメイクは、ダイエットと捉えられることが非常に多いですが、痩せるためだけにやるものではありません。
豊かなライフスタイル、健康的に年を取ると言う、誰もが望む事が、その先にあるという事を僕自身が、ボディメイクを通じて、体感してきました。

 

2人に1人が95歳まで生きる時代




今の時代、52%の人が95歳まで生きると言われています。
要するに、2人に1人が95歳まで生きれてしまう時代です。

 

 

しかし、実際の現状というのは、命が尽きる5年〜7年は、介護が必要な状況や、人の手を借りなければ生きていけない状況です。
僕は、この人生を終える前、5年〜7年と言う部分を、ボディメイクの栄養学を通じて、無くしていけるかもしれない!

 

そんな思いを持って、ボディメイクで学んだ知識を、Blogでも共有していけたらなって思っています。

 

貴方は、この動画を見て、どちらの人生を歩みたいですか?

【健康】人生最後の10年間をどう生きたいですか?カナダのCM



スポンサードリンク


 

ボディメイクの基礎知識



ボディメイクやダイエットというと、殆どの方が、筋トレや有酸素運動をする!
と言う選択肢を選びます。

 

しかし、ボディメイクというのは、『食事が7割』なんです。
食生活の改善が、メインとなります。

 

日本の食文化を見ると、戦後からかなり変化してきました。
そして、沢山の海外からの食文化も融合して、太る原因、または、健康を害す可能性の高いものも周りにはありふれています。

 

食生活や、生活水準が上がっているのに、病人は一向に減る傾向が見られません。
寧ろ増えてきている現状。
これって、口に入れている物を改善していく必要性があると思いませんか?

 

健康的な食事とは、ベジタリアンではない。




健康になろう=野菜を食べる

 

 

この様な知識を持っている日本人は、非常に多いのですが、実は、間違いです。

 

間違いと言うと、ちょっと大げさですが、日本の野菜事情が変わってきているからといったほうが正確ですね。

 

 

時代と共に変化してしまった、野菜の栄養価



新聞記事にも載っていますが、現代、野菜自体が栄養不足。

 

これは、人間が便利なように、口にあうようにと、品種改良や栽培方法を試行錯誤して、変えてきてしまったからです。
そのお蔭で、いつでも季節関係なく、野菜が手に入る。
野菜が、美味しくなった。

と言うメリット面もありますが、その半面、野菜の栄養価は、戦後の1950年代からかなり低下してしまっているのが現状です。

 



 

画像を見て解るように、人参やアスパラガス…その他の野菜が、1950年に栄養がコレくらい摂れるよ!!
と言われていたものが、2010年の調査では、かなり栄養価が減ってしまっていることが解りますね。

 

 

こうした情報というのは、本屋さんに行けばたくさんあります。
しかし、僕たち一般人に届くことって、そうそう滅多にありませんね。

栄養士さんなどの職業として、食生活に関係している人ですら、あまりないのかもしれません。

 

この現状化の中、給食が何十年も変わっていない。
ということに疑問すら感じます。

 

野菜の栄養が下がっているなら、子どもたちの給食の野菜や、具材が5倍位になっていなくては、おかしいはずなんですよね。
しかし、今、授業参観などで、子どもたちと給食を食べる機会があったりします。

その時に、お母さんたちは、口をそろえて、『懐かしい!!』とか、いいます。

 

そんな事言ってる場合ですか?って思ってしまいます。

 

 

野菜が健康につながる?ちょっとした間違い



野菜を食べると健康になる!
これは、どこから来た理論理屈があるのでしょうか?

 

人間の身体は、
  • 水=60%
  • タンパク質=20%〜30%
  • その他脂肪など=10%〜
と言う構造になっています。

 

野菜は、食物繊維や、ビタミン、ミネラルの補給という部分で、健康になる!
と言われていると思うのですが、そもそも、身体の材料になる、水、タンパク質等が無いと、『調整』をしてくれる、ビタミンやミネラルも意味を成さないのですよね。

 

野菜は食べなくていい!!
と言っているのではなく、材料となる、タンパク質、身体の水の状態をしっかりまずは整えましょう!!
ってことです。

 

 

水は飲むものなので、口に入れるものと言うのは、タンパク質が重要ということが解ると思います。

 

身体の半分以上を締める、水についても、身体にとっては非常に重要な役割をしています。
水についての、知識は、このBlogの他の記事に、投稿していますので、そちらを参照してください。
【関連記事】水の一日に飲む量は4Lが理想?体質改善とボディメイクで知ったこと

 

腸内環境の重要性!身体の栄養は全て、腸で吸収される!




 

人間が健康になるために、もう一つ基礎的な知識として、抑えておきたい身体の部分。
それは、腸内環境です。

 

 

人間が、口から入れたものの栄養は、腸で吸収されて、血液から身体に運ばれていきますね!
その腸内環境が悪いと、せっかくいいものを食べても、栄養価の高いものを取り入れても、吸収されずに排泄されてしまうという状況も起こりかねません。

 

 

日本人の7人に1人が便秘

 

このデータは、厚生労働省の平成25年に発表した『国民生活基準調査』と言うもののデータなのです。

 

腸内環境が悪いと、食べたものの吸収が悪くなるだけでなく、
  • 免疫力の低下
  • 肌荒れ
  • むくみ
  • アレルギー
  • 冷え
  • 肩こり
  • 頭痛
等、身体の色んな部分に影響を及ぼします。

 

では、腸内環境を良くしようとした時に、貴方は何をしますか?

 

一般的に、認知されている一つの改善方法として、ヨーグルトを食べると言うことがよくされていますね!
ヨーグルトには乳酸菌が多く含まれると言うことで、腸内環境の改善効果があるとされていますが、食べても一向に改善しない。という方もおられるはず。

 

 

この原理は、人間の身体の乳酸菌は、4種類あるとされていて、自分が持っている、乳酸菌を調べることは出来ないのだそう。
その中で、ヨーグルトに含まれる乳酸菌と、貴方の体内にある乳酸菌が一致した時に、効果がある。
ということなのです。

 

なので、ヨーグルトを食べても便秘改善にならないという方は、乳酸菌が一致していない状況かもしれません。

 

 

僕たちボディメイクチームが使っている、腸内環境の改善は、青汁のような粉末を水に溶かして飲むタイプのものを利用しています。
会員制の物なので、ウェブ上に乗せることが出来ませんが、気になる方は、是非問い合わせよりご連絡ください。

この青汁のようなものは、乳酸菌を4種類全て配合したもので、ボディメイクのメンバーは、プロテインに混ぜて飲んだりと、飲み方もアレンジしています。

 

 



 

はてなブックマークもお願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

投稿日:2019年5月25日 更新日:

執筆者:


管理人のヒロ兄です!
出身地:愛知県
36歳独身一人暮らしのブログ

一人暮らしの体験談!
猫との暮らし
趣味のバスフィッシングのことを中心にブログを書いています。

管理人ヒロ兄の更に詳しいプロフィールはこちら


一人暮らしインテリアランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村

【永久保存版ボディメイクのやり方講座】

 

【女性の為のボディメイクブログ開設】