ブログ

最高視聴率と平均視聴率の違いは?テレビの裏側はこうだった!

投稿日:2017年4月23日 更新日:

スポンサードリンク

テレビの視聴率について、
視聴率の出し方(調査方法)が凄い!
で、ビデオリサーチ社の責任者が
インタビューに答えていたものを作りましたが
その記事の続きです。

スポンサードリンク


最高視聴率と平均視聴率の違いについて!


視聴率は1分ごとに測定しているんだそうです。

例えば、7時からの30分番組の場合


7:01 11.7%
7:02 11.6%
7:03 12.1%
と言うように1分ごとに30分の視聴率が
計測されると言うことです。

その30分ぶんの視聴率データの平均を取ったのが
その番組の平均視聴率と言うことになりますね!!

そして、最高視聴率と言うのは
その30分間のなかで、最も視聴率が高い1分間
ということになります。


そして、この平均視聴率が悪い番組は
打ち切りや、最終回が早まったりと言う
自体が起きる原因になる数字という事でも
あるんだそうです(汗)


昔のテレビ番組の視聴率は驚愕の数字!!


最近のテレビ番組って20%超えたら
高視聴率とか言われますよね。

10%代なんてザラで、10%切ると
低視聴率ってくらいで平均的には
12%位が普通かな??

なんてイメージがありますが…


昔のテレビの視聴率ってものすごかったんですね。


No.1 1963年の紅白歌合戦の視聴率81.4%
No.2 1964年の東京オリンピックの視聴率66.8%
No.3 2002年FIFAワールドカップの視聴率66.1%

と言う感じで、今では考えられない数字を
叩き出していたんです…。

これだけ視聴率があったからこそ、
ぶっ飛んだ制作費の番組も多数あり
バラエティーとかも面白みもあったようにも
思いますよね(汗)


いまや、テレビ離れが進み、視聴率が低迷して
CM広告を打つ企業も少なくなり、番組の制作費が
下がるのも目に見えているわけですね(苦笑)


更には、ちょっと外れた事をすれば
クレームの嵐…。悪循環が起きている様にも
思います。


また、忙しい現代人には、決まった時間にしか
見れない、テレビは使い勝手が悪く、今は
いつでも見れる、YouTubeやHuluなんかのほうが
需要が高いと言う所も、かなり影響しているんでしょうね!


と言う事で、テレビの視聴率について
管理人が個人的に面白いなぁと思った
番組を記事に起こしてみました♪

【関連記事】
視聴率はどうやって出しているの?ビデオリサーチ社の責任者が回答!?

スポンサードリンク
【ボディメイク男子】万年フリーターヒロ兄のプロフィール 大学を卒業し、『就職』の選択肢しかない?それが普通?『普通に生きたいんじゃない!自分の好きな人生を過ごしたいんだ!』 就職しずに、20代をバンドマンとして過ごす。バンド引退後、『働くために生まれてきたの?』と言う疑問から、フリーターとして、起業を志す。 インターネットビジネスに挑戦、日当3万円を稼ぎ出す。 その中で、ボディメイクと出会い、自らの身体を変え、インターネットビジネスとリアルビジネスの融合で、ハイブリッド集客を構築。
スポンサードリンク

-ブログ

執筆者:


メモラボ管理人のヒロ兄です!
出身地:愛知県
35歳独身一人暮らしのブログ

30代になり、人生って何だろう?
もっと楽しむ方法は?と、考えるようになりました。

筋トレ・相棒の猫・一人暮らしの情報など、雑記ブログです♪

を、テーマにブログを書いています♪

管理人ヒロ兄の更に詳しいプロフィールはこちら