本田宗一郎さん名言、格言10選!

投稿日:2014年11月6日 更新日:

スポンサードリンク

自動車メーカーホンダの創業者である、本田宗一郎さん。

筆者が選ぶ、本田宗一郎さんの名言10選!!

1.成功者がやっていて、一般人がやらないこと

人生は『見たり』『聞いたり』『試したり』の、3つの知恵でまとまっているが、多くの人は『見たり』『聞いたり』ばかりで一番重要な『試したり』を、殆どしない。ありふれたことだが失敗と成功は裏腹になっている。皆が失敗を恐れるから成功のチャンスも少ない。

 

 

2.成功者とは最後まで諦めない人のこと

成功者は、例え不運な事態に見舞われても、この試練を乗り越えたら、必ず成功すると考えている。そして、最後まで諦めなかった人間が、成功しているのである。

 

 

3.先に苦しむこと

我々は、最初から苦しむ方向をとったから、あとは楽になった。真似をして楽をしたものは、その後に苦しむことになる。研究者として大事なところはそこだろうと、私は今でも考えている。一度真似をすると、永久に真似をしてゆくのである。

 

 

4.やっていい失敗

百のうち九十九は失敗する。我々は、勝負師ではない。負けても、何が原因で負けたのかを、追求することに意義がある。私は、たえず喜びを求めながら生きている。そのための苦労には、精一杯に耐える努力を惜しまない。

 

 

5.能力が一気に拡大する状況は

人間に必要なのは困ることだ。絶体絶命に追い込まれた時に出る力が本当の力です。伸びる時には、必ず抵抗がある。必死の時に発揮される力というものは、人間の可能性を、予想外に拡大するものである。

スポンサードリンク

 



 

 

6.学歴よりも大切なもの

人間にとって大事なことは、学歴とかそんなものではない。他人から愛され、協力してもらえるような『富を積むこと』ではないだろうか。そして、そういう人間を育てようとする『精神』なのではないだろうか。

 

 

7.進歩の為の第一ステップ

人間が進歩するためには、まず第一歩を踏み出すことである。躊躇して立ち止まっては駄目である。なぜなら、そこにどんな障害があろうと、足を踏み込んで初めて知れるからだ。失敗はその一歩の踏み込みだと思う。前進の足踏みだと思う。

 

8.

新しいことをやれば、必ず、しくじる。腹が立つ。だから、寝る時間、食う時間を削って、何度も何度もやる。来年も最高のエンジンを作ってやる。

 

9.

身のまわりにいくらでも転がっている幸福から、自分のものを選び出し、それを最高のものに高めることだね。時間だけは神様が平等に与えて下さった。これをいかに有効に使うかはその人の才覚であって、うまく利用した人が、この世の中の成功者なんだ。

 

 

10.
進歩とは反省のきびしさに正比例する。とかく他人にきびしく、自分自身に寛大なのは凡人の常だ。



【あわせて読みたい記事】
本田宗一郎さんがお忍びで社員食堂に訪れた話、エピソード。
本田宗一郎の若手社員に怒られたエピソード!
ホンダの社員食堂で働く人たちの年収や手当は充実しているのか!?

はてなブックマークもお願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


管理人のヒロ兄です!
出身地:愛知県
36歳独身一人暮らしのブログ

一人暮らしの体験談!
猫との暮らし
趣味のバスフィッシングのことを中心にブログを書いています。

管理人ヒロ兄の更に詳しいプロフィールはこちら


一人暮らしインテリアランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村

【ボディメイクのやり方講座】

【女性の為のボディメイクブログ開設】