スポンサーリンク

全国福利厚生共済会とアムウェイも同じ?副業に興味ない人は読むな!

トレンド・その他人物

スポンサーリンク




まず、全国福利厚生共済会とアムウェイとの違い。
それは、ビジネスをする上で、物販とサービスと言う部分が大きな違いになってきます。

 

ビジネスをする上で、これから日本の人口が減っていく、そして物価がドンドン上がり、世の中の動きが節約に向かう中で、アムウェイ他、物販を中心にしているマルチレベルマーケティングの殆どの会社は厳しくなると思います。

 

とは言え、そもそもアムウェイでも、物を売る仕事としてビジネスにトライしている人に関しては、元々ビジネスセンスがありません。

 

 

全国福利厚生共済会でも、同じことが言えます。
物を買う人が少なくなるからと言って、全国福利厚生共済会のサービスを売る人をしてしまうと、本来望んだ収入を得ることは出来ないでしょうね。

 

 

全国福利厚生共済会もアムウェイもビジネスとして捉える人を作る事業

マルチレベルマーケティングに限らず、企業(会社組織)にしても同じなのですが、稼いでいる人は販売員ではなく社長や副社長、役職がついている人の方が、販売員よりも収入が高いことを理解しないといけません。

 

そして社長や役職よりも更に稼いでいるのは、経営者、オーナーをしている人です。

 

 

マルチレベルマーケティングは、サラリーマンや専業主婦という、何でもない人が、『経営者』のポジションで仕事を出来ると言う部分が魅力なわけです。

 

 

金持ち父さん貧乏父さんで紹介されている『働くポジション』について、理解していないと、全国福利厚生共済会のプライム会員や、アムウェイなどのマルチレベルマーケティングに挑戦しても、いわゆる搾取されるだけになってしまいます。

 

そもそも、『働くポジション』を理解していない人がマルチレベルマーケティングに挑戦しても、成功の確率は下がります。

 

 

全国福利厚生共済会もアムウェイもリーダーシップを出せる人が稼ぎやすい!

 

リーダーシップを出せる人というのは、経営の知識や経験などが豊富な方。

 

全国福利厚生共済会でもアムウェイでも、経営者の経験がある人は成功しやすい傾向にあります。

 

 

とは言え、時間が掛かっても一般の方が絶対失敗するというわけではないということです。

 

マルチレベルマーケティングでも、経営者がリードするグループに属していたり、自分から経営者の方々の近くにいる事や、本やセミナーなどで積極的に勉強できる人は、可能性は少なからず上がります。

 

サラリーマン思考と、経営者思考は明らかに違いがあります。
これは、管理人自身もビジネスを初めて、10年近くになりますが、最近になってようやく違いというものを感じるようになりました。

 

 

自分で事業をするビジネスでも、マルチレベルマーケティングの会社の仕組みを使ってやる事業でも、『ビジネス』と言う部分では同じなので、自ら多方面から学ぶと言う部分は非常に退治な部分になってきます。

 

あなたが、もし全国福利厚生共済会のプライム会員として、成功したいと思うのならですが…。

 

 

全国福利厚生共済会やアムウェイで成功率を上げるおすすめの本を紹介

 

まず、途中でも紹介しましたが、ビジネスに挑戦する上で、『働くポジション』の話以外にも、勉強になる本が『金持ち父さん貧乏父さん

 

ネットワークビジネスに挑戦するなら、ネットワークビジネスの成功者の本を読むべきです。

 

例えば、サッカー選手になりたい人が、プロ野球選手にサッカーを教わるでしょうか?

 

その分野で成功している人の体験談は、超重要なものになってきます。
なので、全国福利厚生共済会に挑戦する人は、セミナーに参加して、成功者に触れて、やり方を教わるというのが本来のセオリー。

 

しかし、中々成功者ともなると、人気がありますから、話をしっかり聞くことが出来なかったりしますよね!!
そういう時には、本などを使って勉強するといいですね!!

 

間違っても、ネットで信憑性のない情報を得ない事がおすすめです。

 

 

貧乏人やお金に縁のない人は、『お金の知識』に乏しい傾向があります。

 

つまり、お金の知識なしに、ネットワークビジネスに挑戦しお金の使い方を間違えるから、多額の借金を背負ってしまったり、アップの言うがまま洗脳の様な状況になり、ネットワークビジネスを批判する側になるのです。

 

元々、日本ではネットワークビジネスは批判されがちですが、仕組みとしては、会社と変わらない部分に気付く事が出来るか?
世の中の仕組みを理解しているかが重要になります。

 

ネットワークビジネスは、何度も言いますが、日本では受け入れられにくいビジネスモデルです。

 

その中で、断られる事や批判されることも多くあります。
それで、メンタルをやられて、辞めてしまうのです。

 

辞める=投資した金額を回収出来ない。
という、状況が生まれるため、結果的にまた印象の悪いビジネスになっていきますよね。

 

しかし、ラーメン屋さんやカフェをやって失敗する人もこの世の中にはたくさんいます。
そうした人が、ラーメン屋は辞めたほうがいい、悪のビジネスだ!なんて言わないんですが、ネットワークに関しては元々イメージが悪い&トラブルも実際にありますから、こうした状況が起こりやすい傾向にあります。

 

 

断られることが当たり前。
位の気持ちと覚悟を持って、やらないとビジネスなので、そう簡単には成功できません。

 

全国福利厚生共済会もアムウェイも会社でも『ビジネス』である。

日本では、『金儲けは悪』みたいな風習があります。

 

しかし、世の中を見渡してみれば、99.9%はビジネスで出来ていますよね。

 

 

  • 水道を使えば、誰かが儲かっています。
  • スマホを使えば、誰かが儲かっています。
  • クレジットカードを使えば、権利収入を貰っている人がいます。
  • カラオケを歌えば、アーティストや事務所が儲かっています。

というように、使う側はお金を払っているのですが、発信した側には、必ず儲かっている人がいるということ。

 

ビジネスに挑戦するということは、受信側から発信側になる。
ということが大事なのだと思います。

 

口コミで広げるということも、発信するということですからね。

全国福利厚生共済会ってどうなの?勧誘を受けてセミナーに行ってみた
悪くない… 正直、デメリットがあまりない…。 全国福利厚生共済会の勧誘を受けてセミナーに行ってみた感想である。 デメリットといえば、日本では嫌われる「ネットワークビジネス」と言う部分だけであろう…。 ネットワークビジネスに、悪いイメージを持...

全国福利厚生共済会の創業者とは?高井利夫さんは何者!?
全国福利厚生共済会はセミナー代以外にもめちゃ経費かかる件…
全国福利厚生共済会はねずみ講なのか?仕組みと危険性を徹底調査!
全国福利厚生共済会の会員数は伸びしろあり!?サービス一覧は600以上!?
全国福利厚生共済会と東京海上日動は提携している!?どんな保障がつくの?
全国福利厚生共済会には有名人が多い?実際に参加して解ったこと
全国福利厚生共済会は洗脳されている人が多くてヤバい!?潜入して解ったこと

コメント

タイトルとURLをコピーしました