ささくれが化膿した?何科に行けばイイの?ケアのおすすめの3つ!

生活
スポンサードリンク

「ささくれ」ってイヤですよね?
小さなモノでも、チクッと痛みますし、気になるモノです。

 

小さなモノですと、病気に行くほどでもナイものですが、場合によっては、
ヒドイ痛みや化膿で、病院に行かざるえないモノもあります。

 

こんなトキは、病院の何科に行けばイイのって、疑問に思ってしまいました…

 

スポンサードリンク

 

調べてみますと、受診は、普段かかりつけの病院で大丈夫だそうですよ。
小さなお子さまでしたら、小児科でもイイと思われマス。

 

 

皮膚科でも大丈夫ですが、
病院によって違う場合もありますので、
大きな病院であれば、念のため総合案内で聞くのもひとつのテですね。

 

  1. ささくれの化膿は、皮膚科でOK♪
  2. ささくれが化膿した時は、かかりつけの病院にまずは行ってみよう!
  3. 子供のささくれが化膿した時は、小児科でOK!
  4. 大きな病院の時は、総合案内に聞いてみよう!

 

 

よく出来るささくれ!ケアのおすすめ方法を知ろう!

「ささくれ」って、指でちぎってしまったりしませんか?

 

 

手洗い対処法で、すませてしまいガチなのですが、
「ささくれ」って、言い換えれば、「傷」ができている状態ナノです。

 

 

小さな「ささくれ」でも、そのままにしておくと、
どんどんとささくれていって、大きくなってしまいます!

 

 

ささくれが出来てしまった時の為の、応急的ケア

 

チョット面倒ですが、ネイルニッパーや眉用のハサミ、
小さなサイズのハサミで切りましょう。

 

 

コチラも面倒ですが、
切る前には、必ずアルコール等で消毒をしてから、
「ささくれ」を切り除きましょう。

 

指で剥いてしまって、バイ菌がが入ると、化膿する原因になりかねませんもんね!

 

出来てしまった時は、応急処置として、きちんと、取ってあげたほうが
何科に行けばいいの?
なんて、ことにもなりませんしね♪

 

 

ささくれが出来ない為には、日頃のケアも大事!!

 

「ささくれ」のケアは、まず、乾燥を防ぎましょう。

 

よく出来てしまう人は、予防的なケアが大事ですね!!

 

 

  1. まずは、クリームをマメに塗りましょう。
  2. そして、寝る前は、保湿をしてから手袋をはめてね!

 

この2つのことをするだけでも、チクッと痛いささくれとおさらば出来るんですから
面倒くさがらずに試してみてくださいね(*^^*)

 

 

 

 

「ささくれ」は、乾燥だけでなく、冷えからくる
血行不良も大きな原因なんですって!

 

血流が悪いと、末端まで栄養が行き届かないので、
指先をマッサージして、血行促進を心がけましょう。

 

 

あと、マニキュア除光液や、ジェル除光液を使うコトによって、
たくさんの皮脂が、奪われるのも、「ささくれ」になる原因のひとつナンデス。

 

ネイルをして、指先を綺麗にしているつもりなのに…
それが原因で、ささくれが出来てしまっている…
と言う、思わぬ状況にもなりかねませんね!

 

 

しっかりと忘れずにケアしましょう。

 

 

 

ささくれの原因ってナニ〜?ストレスって言われるのは本当なの?

 

「ささくれ」の直接の原因が、ストレスだけからとは言えません。

 

何だか、ストレスって、凄く曖昧な言葉だし、みんな都合のいいように
『ストレス』と言う言葉を使いたがる傾向にあるように思っちゃうんですよねぇ〜(苦笑)

 

 

「ささくれ」を剥くというトキは、たいてい考え事をしている最中など、
体や指先を動かしていないトキに多くみられますヨネ?

 

 

つまり、動かないことへ不満を抱いている表れといえます。

 

 

 

また、「ささくれ」ができる理由のひとつとして、
睡眠不足のような日常生活の乱れからくるともいえます。

 

 

そのため、「ささくれ」は、剥くという行為だけではなく、
指先にささくれができることソノモノが、ストレスに関連しているといえるかもしれません。

 

が、ストレスと言う言葉を原因に、何も行動しない、
改善しないということでは、ささくれが出来てしまう根本の
原因解決にはなりませんもんね!!

 

 

ささくれの原因は、食べ物なの?栄養の偏りから?

では、「ささくれ」って、何が原因でデキルと思いますか?

 

 

食生活の乱れや、栄養の偏りからが根本的な原因です。

 

 

指の爪や、爪のまわりの皮膚は「ケラチン」という
たんぱく質からできていマス。

 

なので、お肉やお魚などのたんぱく質が不足している場合は、
「ささくれ」ができやすいんですッテ!

 

確かに、身体や皮膚、爪や髪の毛も、
根本的なことを言えば、口から入れたもので、作られている!
ということは、確かですもんね!!

 

 

 

もちろん、肌や皮膚の再生に必要とされる、
ミネラルやビタミンも不可欠なんデスヨ!

 

実は、タンパク質ばかり意識していても、
タンパク質は『単体』では、体内に吸収されないんですよ!!

 

タンパク質をきちんと体内に吸収してくれるのは、
ビタミンさんが体内にないと、行けないんですって!!

 

 

毎日、お仕事で忙しくて、
コンビニのご飯や、ジャンクフードばかり食べているという人は、
栄養不足の偏り、血行不良になりガチです。

 

 

不規則な生活をして、インスタント食品ばかりを食べていると、
皮膚や髪は、健やかに成長する事ができないのデス。

 

 

 

ささくれの化膿は、何科?ケア方法のまとめ!!

このように、「ささくれ」と、カンタンに言ってしまいますが、
実は、生活の乱れからの危険サインを教えてくれているのです。

 

「ささくれ」ができたら、食生活の乱れを直していきましょう。
睡眠もシッカリとりましょう。

 

そうすれば、心に余裕ができて、ストレスもなくなり
「ささくれ」も自然に治っていくコトでしょう。

 

 

【関連記事】
オメガ6とは?効果とオイルの種類。日本人はとり過ぎで病気に注意?
男の一人暮らし!食事で栄養あるのは?トレーナーのNG食材

はてなブックマークもお願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました