えっ?カーネーションの花言葉で、悪い意味を持つ色があるって知ってました?

四季のイベント
スポンサードリンク

カーネーションといえば、 母の日のプレゼントの定番、みなさんもご存知ですよね!

 

母に、カーネーションを贈ろうと思った時に、花言葉を調べていたんですが…
色によっては、悪い意味を持つ色がある事を、僕自身も初めて知りました!!

 

避けたほうがいい、カーネーションの色!
悪い意味を持つ花言葉のカーネーションの色を紹介します。

 

スポンサードリンク

 

いい花言葉を知る人は、沢山いますが、逆に、悪い意味の言葉を意味するカーネーションを
知っていれば、チョットした雑学博士になれますよ!

 

しかも!
母の日に送るには、ちょっと気が引ける…悪い意味の花言葉が、こんなに沢山あるなんて…
自分自身もちょっと、驚いてしまいました…

 

 

カーネーションの可愛らしいお花から 「拒絶」を花言葉とする色があるなんて! 悪い意味のカーネーションの色が2色も!?

ちょっと考えもつきませんよね?
母の日に送る定番のカーネーションですもの。

 

そんな「拒絶」を花言葉とする色
ナント!2色もあります。

 

 

 

1つ目の『拒絶』を意味するカーネーションの色は、 「白いカーネーション」。

 

白は、清楚でカレンなイメージがありますが‥。
「白いカーネーション」には、 「愛の拒絶」の他にも花言葉があります。

 

 

「尊敬」と、「純潔の愛」と、「私の愛情は生きている」 コノ3つです。

 

「白いカーネーション」は、 基本、亡くなった母へと贈るモノだそうです。
その由来は、海外の母の日が出来た由来から来ているんですよ!
→母の日のカーネーションでよくない色!花言葉が悲惨…なぜ赤なの?元々は白だった説!?

 

 

そうですよね〜。
ナントナ〜ク白い花のイメージは、 お葬式を想像しますモノね!

 

でも、とってもキレイで、純白な感じもするのですが‥。
イメージと、実際の花言葉は、違うというコトです。

 

 

「尊敬」や「純潔」など、素敵な花言葉でもありますが、 現在、お元気なお母さんに送るのはさけましょうね。

 

 

2つ目は、 「絞り・複数の色のカーネーション」。

複数の色のカーネーションは、ゴージャスで、華やかなイメージですが、 花言葉は、「愛の拒絶」だなんて‥。

 

 

 

これも、「拒絶」以外の花言葉があります。
「私はあなたの奴隷になる」です。
これも、どちらかと言えば、悪い意味になってしまいますよね…。

 

 

コノ色も、よ〜く考えて送るのがイイかもしれませんね。

スポンサードリンク

 

 

悪い意味と捉えられかねないカーネーションの花言葉「嫉妬」

それは、「淡い黄色のカーネーション」です。

 

見た目とっても可愛いらしくて、 わたしは、大好きな色なんですが‥。

 

「嫉妬」が、花言葉とは知らなかったデス。

 

その他にも意味がありまして、 「軽蔑」や「美」や「愛情の揺らぎ」、そして「友情」デス。
チョット意味あいが、幅広すぎて使いにくい感じがします。

 

 

「淡い黄色のカーネーション」は、とってもかわいいのですが、 悪い意味合いな花言葉が、多いので、なるべくさけた方が イイかもしれませんね!

 

 

カーネーションの花言葉、悪い意味がある色のまとめ

でも、こんなに花言葉の意味が幅広くあるなんて!
みなさん、ちょっとビックリ‼︎しませんでしたか?

 

【悪い意味の花言葉の色】

  • 白=『拒絶』
  • 複数の色=『拒絶』
  • 淡い色=『嫉妬』『軽蔑』

 

 

ここまで、カーネーションの悪い意味あいの花言葉を紹介しましたが、 使えるイイ意味の花言葉を持った色もあります。

少し紹介しておきます。

  • 赤は、「母の愛」「愛を信じる」「熱烈な愛」
  • さすが!母の日の定番の色ですね。

  • ピンク「感謝」「上品・気品」「暖かい心」「美しい仕草」
  • 色のトオリ美しい意味あいが含まれていますね。

  • オレンジ「純粋な愛」「あなたを熱愛します」「清らかな慕情」
  • なるほど〜。

  • 紫「誇り」「気品」
  • クールな感じの意味あいです。

  • 青「永遠の幸福」
  • 青いお花も最近見かけます。

こんな感じです。
やはり母の日の定番である「赤いカーネーション」は、花言葉もイイ意味でした。

 

 

カーネーションには、色べつに花言葉が違いますが、 それにマドワサレないで、お母さんの好きな色を 送るのがイチバンだと思います。
お母さんは、あなたから貰うお花なら きっと何色でもウレシイはずですからね!

 

 

昔は、赤が主流でしたが、今では、沢山のキレイな色のカーネーションが、花屋さんには、トコロ狭しと置いてありますよね。

 

 

王道の赤、可愛いらしいピンク、温かみのある黄色…。

 

最近では、青色のお花も見かけますよ!
珍しい色デスよね〜。
インパクト大です。

 

本当にたくさんありすぎて、 選べないくらいありますよね。

 

【関連記事】
カーネーションの一本の値段は?花言葉の意味!(本数別)
母の日はいつから日本で始まったの?海外で本当にあったストーリー!?


スポンサードリンク

はてなブックマークもお願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトルとURLをコピーしました